2014年07月14日

観た!ホドロフスキー!!

いよいよ「リアリティのダンス」が始まった!!
二週前ぐらいに「ホドロフスキーのDUNE」を黒岩君と鑑賞しました。その時予告を見て泣いてしまった。「お帰りなさいホドロフスキー…」感慨深いものがあった。もちろん「DUNE」は最高!じいさんが喋っているだけなのに、なんでこんなに面白いのか。年齢を超えた活力。人間の可能性。夢をあきらめない闘志。未来への希望。ポジティブなエネルギーを受け取った。面白い映画は面白い人間が創るのだ。
映画関連のドキュメンタリーでは「ハート・オブ・ダークネス」と並んだ。どちらも次世代に未来を託す結末が共通する。清清しい感動。

鑑賞後、久々に収録したのだが、飲み屋の音がうるさくて聞けたもんじゃない。オクラ入り決定!やっぱ素人は密室でやらないとダメですね。久々に会った黒岩君はすっかり真人間の社会人になっておりました。ブラック企業ってすごいね!
posted by ゴウスナニ at 23:19| Comment(10) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

組織的集団殺人と覚悟の量!!

ごぶさたしております。短く近況などを。
先月はイレギュラーな激務の最中、顔面が突然はれあがる。ある朝起きると突然に。
正に「鉄男」!夢が現実になったのら〜!原因は不明(と医者に言われた)が放射能に決まっとる!クソッタレ!!体はガンガン動くので筋トレと射精で克服した。ザマミロ!
そして激務を乗り越えると猛烈に飲酒。その帰りの朝、気のゆるみから自転車で転倒。工事途中の鉄柵に突っ込み顔面をザックリ!ウギャ〜!!正に「ザ・ショック」!
今は完治しましたが、すっかりスカーフェイスになってしまった。人気海賊漫画みたいだ。
その他面白い話はいっぱいありますが、これぐらいにしておこう。

「アクト・オブ・キリング」
手法で完結してしまい映画的には退屈。劇中劇に気がいってしまう。キャラは濃い。野蛮な真実。

「テレクラキャノンボール2013」
男の意地と覚悟。成長。悲哀。旅の終わりの悲しみ。疾走感とバカ。今後滅んでいく類の男たち。日本版「ワイルドバンチ」。最高の作品だが10時間は長い。だがそのバランス感の無さ故、無謀に挑戦するのだ。
posted by ゴウスナニ at 00:06| Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

さよなら。映像劣化研究所

どっかのクソが「そろそろ口減らしせにゃ、俺らも喰えんぜ〜」と、どっかの地下で自分らの環境に地球を改造している宇宙人に操られてる。末端の人類イスとりゲームは始まっている。
危機を察知したクソどもが逃げ出してるだろうが、清水のクソは孫を連れておさんぽしてるらしいと、週刊誌に書いてあった。仕事人っていないのかな?
念願の「ウルトラマンレオ」が素晴らしすぎて、スラッシュメタルを映像にしたものがレオ。ツカシン系の始祖であり、自分はレオに最も影響を受けた映像作家(ビデオマン)だったと認識。
しかし初期のテンションが持続されないことは悲しいか想定している。円盤生物編までテキトーに観る。
今週はロケなんです。やっと出来る。

とゆうわけで、「映像劣化研究所」は今月末で閉鎖します。再開のメドは全くありません!今後は屋号として残る所存。リンクしてくれた皆様ありがとう!個別に連絡させて下さい。多謝!”!!!
posted by ゴウスナニ at 23:14| Comment(3) | 予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
映像制作をやってます。メッセージはお気軽に♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。