2013年09月08日

第84回「パシフィック・リム」


---------------今回は-------------
ナチスに学べ!「武器人間」!
エッ…?!チンチンにフォークがズブリ!?
おバカ写真upに隠された日本社会の闇!
緊急大特集!!加藤鷹引退表明!!!
いい加減にしろ!汚染水ダダもれ!
ムビチケカードに気をつけろ!
新コーナー!月刊まんがアニメ通信!
覇道!黒い皇帝・秋田書店!
---------------------------
余力があったら文章も追加しようと思ってます。
チェルノ.jpg

posted by ゴウスナニ at 18:42| Comment(7) | 音声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またしても、楽しませていただきました。
加藤鷹のものまねは狂気。キメセクですか?あまりのハイテンションに
置いてきぼりです。前回の小枝といい、ローラは関根子供、最高です。
飛龍さんも、腰が据わってきたというか貫禄を感じます。
30人の狭きメディアにダイヤモンドの輝き、いいじゃないですか。
僕はPROTECTORやKREATORが大好きですが、BANGLESも大好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=HbJ6Jsy0JfY
それは松本まりなが大好きなのと同じです。
Posted by docdoc at 2013年09月19日 23:30
もう月末だ。早いネ〜。
今回は全くリアクションが無いので加藤のマネはやりすぎたかな〜と反省しております。あと文章を追加しようと思うも、飲み屋で同じこと言いまくってたら反芻する気がうせました。怠惰な男です。

最近、実際に会う方に聴いてるよ!と言われる機会が多々有ったのですが、「すいません!」と常に謝ってしまいます。
何がやりたいのか分からなくなってきました。どんどんバカになる。もちろん放射能の影響なの。
Posted by ゴウスナニ at 2013年09月25日 22:14
射精記念にコメント残します。放送は更新当日に欠かさず聞いてます。オイラの人生観を一変させ、一生をも狂わせた剛様の比類なきスクッセトーク、哲郎ウンコラジオ(もちろん誉め言葉)ですからね。いざ賞賛のコメントで荒らそうとすると眠気が襲い、内容も上手く整理されず、猥褻な表現のせいでコメントが通らず、パシリを見に映画館に足を運ぶのも気が重く、気づいたら月末になってしまい・・・

九月も神回でした。冒頭の「面白い事言ったつもりの人」「自分語りの人」に対する提言の数々、オイラも覚えがあるので、聞いてて嫌な腋汗臭が湧きましたね。しばらく立ち直れないぐらい身につまされました。一連のイタズラ報道は聞いてて、ツイッターやってなくて良かったー、働いてなくて良かったと痛感しました。どうせイタズラやるなら、どっかのツイッターにも書かれてましたが、燃料棒の内部で自慰行為するとか、アブノーマルな隠し芸で注目されるべきですね。

轟様の地声も鷹さんにクリソツでよく通るうえにセクシーですね!殊に「チクビ責め」の発音。モザイクありの売人のインタビューのような声質。この箇所だけ繰り返し拝聴しました。でも「セっクスの向こう側」の回で一瞬披露された鷹さんの物真似も甲乙つけ難い。映像劣化センス炸裂の爆エロ「週刊実話」特大号も買えば良かったなあと未だに後悔しています。路上ライブもELP、三上寛のコピーバンドや剛ちゃんのしねまんじゅうの公開録音をやればいいんじゃんよ。

幸いにも鷹さんをビデオで目撃した事は一度もないので、剛さんが経験されたような、AV男優の必要以上の自己主張で、愉快なスナニーライフを妨害される事への憎悪もありません。そういえばTOHJOROさん鷹さん他のトークも本日聞きに行きます。高額な前売券を勢いで購入してしまいましたが、伝説の男を間近で見れると思うと悔いはありません。やっぱ栗と栗鼠責めてるようなのはダメだなー。

最後の汚染水コーヒーも余りの事に脱力しました。生命力に満ち溢れた北村龍平さんと、旗色不鮮明な秘龍さんの、宗教画の静と動の対比は絶妙ですね。大変無礼ですが、秘龍さんはキリストはもちろん相米監督にも似ておられますね。秘龍さんの全貌をいつか知りたくて、ゲームはやらないのにドラムマニアを読み漁ってる変質者ですが、未だに秘龍さんの事はよく分かりません。みのさんや伊豆視察の話も興味あります。映画のパシリは、そこまでロボマニアではない事もあって、外出が面倒だった事もあって未見でしたが、映画の日には義務として眼に焼き付けます。

本題とは無関係ですが、石田裕也がNHKで生歌を披露したり、しねもんじゅも月末更新されるわで、今年も頼まれなくたって生き続けようと決意しました。お気に召すかどうかは分かりませんが無理に見なくても。本当の地獄。
http://otaking-ex.jp/wp/?p=11013
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13366667
http://megalodon.jp/2008-0725-0218-03/kokada.web.fc2.com/exit.html
https://www.youtube.com/watch?v=Q28SpwO7pmE
https://www.youtube.com/watch?v=79YaJYOnxqc
http://kawasaki-kaeru.cocolog-nifty.com/photos/waru/549071_c450.jpg
Posted by 大聖寺 at 2013年09月26日 02:24
待ってたぜ特濃コメント!なんかやるき出てきました。
次回はみのと第8期クリムゾン復活、特捜最前線2013について語りたいが、日曜は風呂に行くのが忙しいので観そびれるかも。
とにかく倍返しだ!!今でしょ!ナマで食べてるヨ〜〜!!
Posted by ゴウスナニ! at 2013年09月26日 23:22
鷹のまねはアクが強く、聞き直すたびジワジワきます。ニヤつきながら歩いている自分はさぞかし気持ち悪いでしょう。グーニーズにも笑いましたが、じぶんの場合これはtheWallLiveの再来だと確信しました。http://m.youtube.com/watch?feature=plpp&v=Z0mchErkttg
Posted by カインAndアベル at 2013年09月28日 09:23
「特捜最前線2013」は、ラスト10分だけ拝見させて頂きました。犬が人間を襲っていたので「ドーベルマンギャング」「クジョー」みたいでした。同じドラマでも、倍返しとかNHKの連ドラは、露骨に代理店主導な部分が。

自分もゴダール系列を無理して見ていた時期があったので、剛さんもそうだったのかと親近感が湧きました。時間の無駄でしたが、ああいう字幕を読む映画で忍耐力を鍛える事で、大概の映画が面白いと思えますよね。映画をつまらないと断言出来る勇気を見習いたいです。

AVは絡み以外を編集し、ポルノ映画は全編ダビングに拘られた理由は謎でしたが、その拘りこそが後のビデオマンへの布石だったとは。何が役に立つか分かりませんね。AVといえば、トージロー25歳ナイトの熱狂が未だ冷めません。まだまだ知らない世界があるんですね。AVを侮っていたし、ナメてました。シネマジック作品、核戦争後の世界を描いた「女神の迷宮」。イワシで責めたり、豚の贓物を撒き散らしたり、自分もそのスカトロ現場にいるようで興奮しました。モグモグさんがクレジットされてたら尚面白かった。黒すぎて画面に映らない若い頃の鷹さんや、何かを歌う平本一穂も男前青年実業家でした。チンチンばかりの会場。

秋田書店の事は良く存じ上げないので、剛様が偏愛される理由も理解出来ず仕舞いでしたが、タツノコプロのように過去の遺産で頑張ってる会社なんですね?

ヤマカン最高ううううううううううう
Posted by 藤岡弘` at 2013年10月03日 20:41
今週も更新出来ずですいません。俺じゃねぇ!黒岩がよ〜!
ジャンプが友情!努力!勝利!ならば、チャンピオンはエロ!グロ!暴力!おまけに不条理!なのら!秋田の覇道は誰にも止められない!
特捜2013は録画時間を間違って前半しか観れなかったが、それでもいいやて出来でした。次回に話します。
トージロー先生はすごいね!あの声と喋りで勝利が確定してる感があります。20代前半のモグモグ編集長のクレジットは鼻が悪いのに鼻をつまんだほどの悪臭を体感したADで良いと思う。
Posted by ゴウスナニ〜 at 2013年10月04日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プロフィール
映像制作をやってます。メッセージはお気軽に♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。