2014年06月04日

組織的集団殺人と覚悟の量!!

ごぶさたしております。短く近況などを。
先月はイレギュラーな激務の最中、顔面が突然はれあがる。ある朝起きると突然に。
正に「鉄男」!夢が現実になったのら〜!原因は不明(と医者に言われた)が放射能に決まっとる!クソッタレ!!体はガンガン動くので筋トレと射精で克服した。ザマミロ!
そして激務を乗り越えると猛烈に飲酒。その帰りの朝、気のゆるみから自転車で転倒。工事途中の鉄柵に突っ込み顔面をザックリ!ウギャ〜!!正に「ザ・ショック」!
今は完治しましたが、すっかりスカーフェイスになってしまった。人気海賊漫画みたいだ。
その他面白い話はいっぱいありますが、これぐらいにしておこう。

「アクト・オブ・キリング」
手法で完結してしまい映画的には退屈。劇中劇に気がいってしまう。キャラは濃い。野蛮な真実。

「テレクラキャノンボール2013」
男の意地と覚悟。成長。悲哀。旅の終わりの悲しみ。疾走感とバカ。今後滅んでいく類の男たち。日本版「ワイルドバンチ」。最高の作品だが10時間は長い。だがそのバランス感の無さ故、無謀に挑戦するのだ。
posted by ゴウスナニ at 00:06| Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私淑するカンパニー松尾の作品にスタッフとして参加されたという話は羨ましかったです。名誉ですね。遠隔操作の顛末も、自白強要の件が有耶無耶になったという意味でショッキングでした。雨も凄い。可愛かずみでシコるか(ikenobu)

【速報】原●力規制委員会、報告書内の「ストロンチウム」に当て字を使い検索されないように工作
Posted by ebisu at 2014年06月08日 04:35
いやいや単にPPV用の予告をつないだだけで、生の巨匠にお会いしたわけではないっす。まぁ狭い世界なのでどこかでお見かけする機会はあるかもしれません。
ゆうちゃんには驚いたな。でもあいつは本当に有能だと思う。近未来のサイバー戦争ですごい働きをすることだろう。

当て字って暴走族的なやつなのかな。ヤンキー世代も国家の中枢にいるだろう。

帰ってきたアメリカンゴジラをIMAXで観るべきか考え中。ホドロフスキー関連も楽しみだね〜


Posted by ゴウスナニ at 2014年06月08日 18:13
ゆう様が段々ヴェンデッタに見えてきます。穴ー来ーな行動も暴力脱獄的ですね。濡れ衣の被害者は相当気の毒ですが、無差別殺人に頼らずに権力を震撼させた点は立派でした。味方の弁護団を裏切る所も長距離ランナーの孤独のようです。鉄男化は心配ですが、ゴジラの公開日までは死にたくないですね。ウールジャパンウー。風評破壊天使ラブキュリ、いちえふ(御用マンガだとか)

http://www.tv-tokyo.co.jp/official/aoihonoo/
http://www.logsoku.com/r/poverty/1402475875/
http://www.youtube.com/watch?v=XG89R3A83BI
http://www.logsoku.com/r/lifeline/1402300449/
Posted by unkoi at 2014年06月12日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

プロフィール
映像制作をやってます。メッセージはお気軽に♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。