2013年04月16日

指輪は捨てろ!俺は時の涙を見た!!

早いもので4月も半ば。人生ボケ〜と過ごしているとあっというまに時は過ぎゆく。
時といえば、君は時の涙を見る。でおなじみ!「Zガンダム」をやっと観終わりましたが、途中の女子供がピーチクパーチクやってるくだりがクソッッ!つまんなくて難儀しました。やっと迎えたクライマックス、なんなんだあの宇宙怨霊大戦は?!主人公がキレると最強ってのもムチャクチャ。サイコガンダムMK-2の全方向ビームの描写も相まって、全く重みが無いイデオンとしか形容出来ない。
あの「ガンダム」の続編と言われれば寝言は寝て言え!だが、サムシング満載の変なロボアニメだと思えば悪くはなかった。最後のハチャメチャは良い。続けて「ZZ」に突入。全く期待せず観始めたが、いやいやこっちの方が肩の力が抜けていいじゃないすか。不覚にも♪アニメじゃない〜で涙が出てしまった。たぶんベロベロに酔ってたせいだろう。

先週末に収録予定でしたが黒岩君の実家が傾いて(比喩ではなく本当にボロボロに崩れる手前)その処理作業で出来ませんでした。そちらに赴くことも考えたが寝る場所は有るか、と訊ねたところ
「床にミミズがわいてますが、まぁ寝れるっす」とのことなのでお断りしました。
今週やる予定なのでご期待下さい。

今回は鑑賞予定映画がまだ公開してないんで感想は無し。五月病をふき飛ばすようなオススメDVDを紹介しますよ〜!

あのA・アジャの新作!とゆうのはマイナスになるのか?んで最後のコピーでズコ!どこに向けての宣伝なんでしょうか。


「マニアック」で検索したらついでに出てきた。ビデオジャケは覚えてる。すっげー面白そう。


待望の企画だが、なんでしょうこのDVDスルーな臭いは。なんか不安になってきたな〜。。
posted by ゴウスナニ at 00:06| Comment(2) | 予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

第79回「セックスの向こう側 AV男優という生き方」


----------今回は--------------
正にビヨンドザセックス!馬人間誕生か?!
赤羽発アイドルはもつ煮込み風味!
悪魔の毒々条項!TPPに入る理由なぞ無い!
ここまで言ってインカ帝国?!AV業界の内幕暴露!!
月刊ガンダム通信「永井一郎」
----------------------------
mjyセックスの〜.jpg
今回はこんな感じで〜す。

タイトルはプロレス好きな高原監督、「ビヨンド・ザ・マット」を意識したに違いない。

女優はなんとなく妄想の余地があるが、男優が成る経緯は謎だ。売れない役者あがりかな、などと思い監督に訊いてみた。「単なるエッチ好きが多いよ」との返答に、そんな単純なのかと軽い衝撃を受けたものだ。
実際この映画で語られている理由もそんなとこが多い。周りの男優経験者も同じノリで、どこか通常の感覚が抜けた人が多い。あと無駄にチンポがデカい傾向。オスとして強い。尊敬と軽蔑の対象だ。
映画「ブギーナイツ」はそこらがリアルで、まんま日本に置き換えられる。
んで、その行き着く先は「セルビアンフィルム」だ。男優の超人ぷりと人間凶器度が描かれた傑作だったです。
AV不況の昨今、鷹さんなんかは平気でアングラスナッフに出ていると思う。なんせ下水道だろうが臓物、糞まみれだろうがいつでもビンビンで射精出来るお方だ。子供を犯すなんぞわけないと思う。恐ろしい。
そこらを絡めて話そうと思っていたが忘れてしまった。一晩中そんな話をしてやるのでいつでも飲みに誘って欲しい。明日はどっちだ?
posted by ゴウスナニ at 17:25| Comment(4) | 音声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

「悪魔の毒々モンスター・ノーカット無修正完全版」&次回予告


かなりの年月を経て、毒々してまいりました。安心不変のトロマクオリティはロックならラモーンズ、エロならアロマ企画って感じか。今観ての発見やNOWは皆無。古くさくてダサい。そこがいいとしか言えないです。子供を轢き殺すシーンがノーカットでしたが、気付いた点はそれぐらいかな。どこが無修正かは分からないし、どうでもいい。でもこんなノリであの頃の汚い映画をリバイバル上映して欲しいものです。

次回は来週末頃更新予定です。お楽しみに!!
posted by ゴウスナニ at 20:50| Comment(3) | 音声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
映像制作をやってます。メッセージはお気軽に♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。